So-net無料ブログ作成

脱皮できなかったセミ チャンスを生かせず、新な世界へ旅立ちが・・・ [珍客]

厳しい残暑が続く。セミの鳴き声も夏の最後の大合唱のように聞こえる。

cicada2.jpg
cicada

庭を歩いていると、脱皮に失敗したセミを見つけた。

セミは、10年前後地中で幼虫として過ごし、地上で1-2週間成虫として過ごす。
セミの一生の中で、一番危険な瞬間がこの脱皮の瞬間だ。

脱皮したらすぐに、抜け殻につかまって縮んでいた羽をのばす。
長いセミの一生を考えると、この脱皮の瞬間の時間はあまりに短い。10分程度だろうか?

速やかに脱出して羽を伸ばさないと、見る見る羽と体が硬くなっていく。


このセミの場合は、脱皮の途中で何か問題があったのだろう。
残念ながら脱皮に失敗してしまい、抜け出す瞬間のまま固まってしまっていた。

セミの場合は、一生に一回しかチャンスがない。
このチャンスを逃すと、セミの場合は死を意味する。

このセミを見ていると、つい人間社会を彷彿してしまう。

人間の世界でも、チャンスはそうそうあるわけではない。
我々も、知らず知らずの間に脱皮すべきときに脱皮できずに、
新たな世界へと羽ばく機会を失っているのかもしれない。


庭のセミを見ながら、少し考えさせられてしまう。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

nyankome

ちょっと可愛そうだけれど、自然って厳しいのですね。
by nyankome (2010-08-29 23:38) 

Ran-chan

朝夕は涼しくなりました。
セミの一生はなんだか切ないですね。
by Ran-chan (2010-09-03 02:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。