So-net無料ブログ作成

森永の戦略 がっちりマンデー [元気企業]


本日のTBSの人気番組がっちりマンデーで、森永製菓が取り上げられていた。

森永製菓は、キャラメルの個別包装、日本へのバレンタインデーの導入など、
日本で初めての試みをいくつも実践してきたイノベーティブな企業。

森永と聞くと、キャラメル、チョコボール、マリー、ホットケーキなど各種の製品が思い浮かぶ。
子供の頃から慣れ親しんだきた製品が、今でも現役であるというのはとても驚きだ。
番組ではその秘密に迫る。

さてロングセラーの秘訣のほうだが、
驚いたのは、ほとんど毎年のようにチョコボール・ハイチューの味を変えているとのことだ。
顧客はどんどん変わる(常に消費者は新しい)。時代の要請にあわせて、商品を再開発している。
考えようによっては、我々にはロングセラーに見えても、子供たちから見ると初めて見る新商品だ。

他に販売戦略が面白い。
例えば、我々も子供の頃から欲しかった「おもちゃの缶詰」。

チョコボールの容器のチョコレートが出るところが口ばし状になっており、
金だったらそれ一枚で、銀だったら3枚でおもちゃの缶詰をもらえるというもの。

子供がチョコボールを欲しくなる単純明快な戦略。
私も子供の頃に、はまった口だ(結局もらえなかったが)。
缶詰の中身は、社長も知らないトップシークレットとのこと。
(今の時代は、WEBで簡単に種明かしする人が多いようだが・・・。秘密のほうが面白いね)

そんなこんなで、とても面白そうな企業。

番組の後半で、バレンタインデーに逆行する戦略を打つという。
何かと思ったら、チョコレートのデザインに逆文字を使った「逆チョコどうぞ」というキャンペーンらしい。


午後、近所のドラッグストアでその戦略製品を発見。普段なら気が付かないね。
知ってるからこそ眼に飛び込んでくる脳の不思議な現象。

morinaga.jpg

良く見てみると、文字が逆になっている。
もちろん、バレンタインの際の義理チョコのお礼に購入。
(これが森永の狙い・・・ いち早く戦略に乗った客のひとりか・・・)

購入したチョコレートの裏側を見て、もうひとつかわいいチャッカリ仕掛けが仕込んであるのに驚く。
morinaga1.jpg

HAPPY ダース
なんと、7箱に1箱は、表示の文字のみならず、チョコレートの刻印まで逆になっており、
それが「HAPPYダース」とのこと・・・

なんとも面白い企業だ。

nice!(38)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 38

コメント 1

ラブ

逆チョコ、私もこの番組見て初めて知りました。
戦略、いろいろあるんだなぁ…。
by ラブ (2011-02-01 10:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。