So-net無料ブログ作成

インドの旅18 北京空港でのトラブル 090924 旅の便利帳 [China]

デリーから北京経由で成田へ

さて楽しみにしていたAIR CHINAのビジネスクラスは以下のようなサービスであった。

椅子は広くスペースもあるのだが、日本の特急列車の座席のような感じだ。残念ながら、フラットにならないためか、ゆっくる眠ることができなかった。朝食にヌードルを頼むと、焼きそばに蟹の天ぷらが乗ったものがでてきた。他はフルーツ、デザート、バター、パンだ。ビジネスにしては、さっぱりとした内容だ。

Delhi_to_Beijing_Breakfast.jpg

映画などのサービスはなく、いたってシンプルなものであった。その他は、スリッパ、アメニティなど。

飛行機は、予定通り12:00にに北京空港へ到着する。

北京空港でのトラブル、レシートに助けられる
北京空港ではトラブルがあった。デリー空港で購入したレトルトのカレーが持ち込めないというのだ。パッケージを破ってみてもよいかというので、仕方がないので破って中身を見せても これは通せないという。

押し問答で騒いでいると別のインスペクターがやってくる。これはDuty Free で購入したもので、明細が袋の中にあるからよく見てくれと説明する。押し問答の末、ようやく了解してもらう。レシートにはあまり注意を払ったことはなかったが、思わぬときに役に立つものだ。いずれにしてもDuty Free で購入したものでも、途中で止められることがあるということは知っておいたほうがよいかもしれない。

Transferに時間を取られたため、ラウンジに寄る時間があまりなくなってしまった。とりあえず北京空港のラウンジをチェック。正直なところ、機内食よりもこちらの料理ほうがずっと美味しい。10分ぐらいしかないので急いで、青島ビールで料理を流し込むように頂き搭乗のためにゲートへ向かう。

北京から成田行きのゲートは52番デートで、ずいぶん離れたところにある。今回は重いかばんとお土産を持っていたので、ゲートまで辿り着いた時には、汗びっしょりになってしまった。あわただしい中、日本への飛行機に乗り込む。飛行機は757だ。

Beijing_design.jpg
北京空港で見かけたデザイン

ずっとベジタリアンの生活だったので、肉が食べれなくなっているのではと心配したが、全くそのような心配は無用であった。仙人にはなれそうにない。
Beijing_to_Japan_Lunch.jpg
エコノミーランチ 青島ビールとともに


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。